習い事・スクールでオンライン決済を導入するメリットとデメリットとは?おすすめのサービスも紹介 Sgrumから最新情報

加盟店様専用フリーダイヤル
0120-302-848
平日10時~19時

習い事・スクールでオンライン決済を導入するメリットとデメリットとは?おすすめのサービスも紹介

コロナウイルスの影響により、習い事・スクールの環境にも影響が現れ、現場での運営は大きく変化しました。保護者の方々の送り迎えや、観戦に制限がかけられるようになったり、お月謝の支払い方法にも変化が現れております。

その変化の例として、オンライン決済の需要が大きく高まりました。買い物に行くことが難しくなった今、オンラインで買い物を行い、キャッシュレスで代金を支払っている方が多くなったのではないでしょうか。

これは、ネットショッピングだけでなく、習い事・スクールの現場でも求められてきているのが現状です。オンライン決済は今、消費者に求められているサービスであり、オンライン決済を導入することで、習い事や、スクールの現場でもビジネスを拡大することができます。

そこで今回は、習い事・スクールでも導入することができるオンライン決済のメリット、デメリット、オンライン決済が使えるアプリシステムについてご説明します。

オンライン決済とは

オンライン決済とは、商品またはサービスの代金を現金(硬貨や紙幣)または小切手や手形などの有価証券を受け渡すことで支払うのではなく、現金や有価証券で支払うのと同等の価値を持つデータを送受することで支払いを決済すること、あるいはその仕組みのことです。オンライン決済には多様なサービスがあり、目的にあったサービスを選ぶことで、より利便性の高い支払い決済ができます。

オンライン決済の種類

クレジットカード決済

国内で最も多く利用されているオンライン決済の方法の一つです。利用者はクレジットカードで支払い、後日、銀行口座から引き落とされます。習い事・スクールにはクレジットカード会社から数%の手数料が控除された金額が支払われます。

デビットカード決済

デビットカードを利用することで、自分の銀行口座からリアルタイムで引き落とされて、オンライン決済が可能。クレジットカードと異なり、原則審査なしで発行できます。

電子マネー決済

事前にICカード・アプリにお金をチャージするかクレジットカードと紐付けることで、電子データによる支払いが可能になるオンライン決済方法です。利用者にとっては、サインが不要かつ現金がいらないので、手軽にスピーディーにオンライン決済を行うことができます。

銀行決済

銀行のATMでは現金を使った振込決済もできますが、自分の銀行口座から出金して支払先の銀行口座へ入金処理したり、ATMを使わないでパソコンやスマートフォンでアプリを使って自分の銀行口座から出金したりして支払うことで、オンライン決済ができます。

オンライン決済のメリット・デメリット

会員のメリット

  • クレジットカードやコンビニ決済など、さまざまな方法で支払うことができる
  • 現金を持っていなくても買い物ができる
  • 海外のサイトでも買い物ができる
  • 利用履歴が残るのでお金の管理ができやすい など

会員のデメリット

  • 個人情報の流出リスクや不正利用されるリスクがある
  • 利用履歴は残るが、決済するときにお金の減り具合が見えず使いすぎてしまうリスクがある(特にクレジットカードのように銀行口座に残高がなくても利用できるときに使いすぎるリスクが高くなる) など

習い事・スクールのメリット・デメリット

習い事・スクールのメリット

  • 販売機会が増加する
  • 売上の管理や分析がやりやすくなる
  • 入金処理の手間が減る(決済代行会社を利用した場合)
  • 会員にHPやアプリを通じてグッズの販売ができるようになる など

習い事・スクールのデメリット

  • 情報漏洩や不正利用などセキュリティ対策が必要
  • 導入時の初期費用や決済手数料などコストアップになってしまう
  • 決済の種類によっては現金化されるまで時間がかかる など

オンライン決済が使えるアプリシステム

スクール運営プラットフォーム「Sgrum(スグラム)」

Sgrum(スグラム)では会員管理アプリとして「オンライン決済」の導入が可能です。これまでスクール運営において多くの工数を割かれていた月謝などの支払いを、「クレジットカード支払い」と「コンビニ支払い」を導入することで管理を一本化させることができます。また、月謝支払いだけでなく、物販や、レッスン予約などの支払いもアプリ内で完結させることで大幅な管理工数の削減を行うことができます。

Sgrumは連絡機能を中心とした会員管理アプリシステムとなっており、会員様とはアプリを通じてコミュニケーションを取ることができます。また、オンライン決済、連絡機能だけでなく、HP制作機能、動画配信、スポーツ補償まで搭載されたアプリシステムとなります。会員の基本的な情報(氏名や住所等)を管理するだけでなく、スマートフォンアプリなので、会員への連絡はスポーツ現場でも連絡を送ることができ、HPへの配信も同時に行えるので、現場でも活用することができます。

例えば、Sgrumで顧客管理を行う場合、会員との連絡はスタッフ同士で共有されているので、チーム・スクール全体で会員へのサポートを行うことができるので、会員の満足度アップに繋がります。また、アプリ内で会員へ物販販売を行えるので、収益アップにつなげることもできます。

習い事・スクールでオンライン決済を導入したい、会員管理の導入でSgrumやアプリでの顧客管理にご興味いただけましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料トライアルを今なら2ヶ月間ご利用いただけますので
是非ページ下部の「Let’s Free Tryal」よりお申し込みください

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • 0
Let's Free Trial

ページトップへ戻る