access album information inquiry news phone privacy result schedule staff free

群馬県高崎市・「高崎問屋町駅」から徒歩5分の造形美術教室・「1歳半〜の親子クラス」「幼児クラス」「小学生クラス」が人気!大人向けのアトリエ教室もはじめました!     

想像力、表現力 
そして生きる力を子どもたちに!

和久洋三のわくわく創造アトリエ 高崎プレイルームへようこそ!

【お知らせ】アトリエの「新型コロナウィルスへの感染症対策とお願い」について→ http://ur0.work/FhvV 

わくわく創造アトリエでは、子どもたちの五感を使った遊びを通して、様々な造形活動を楽しみます。遊びながら発見し表現する喜びを体感し、「知りたい」「やってみたい」欲求を、喜びの毎日を生みだす「創造力」に変えていきます。自ら「知ろう」とする、「やってみよう」とする、失敗しても「もう一度」という創造活動から、自ら考え、判断し、行動できる素敵な大人になってほしい。そして無我夢中になれる体験を沢山して、輝く子ども時代を過ごしてほしいと願っています。

新着情報

活動記録

2021年5月1週 アトリエ活動

5月のテーマは「円柱」です。
今回の活動は「波ダンボールの版画」
帯状になった波ダンボールをクルクル巻いて円柱にし版画をしました。作っているときに子どもたちは、「これ、どうするの??」「これどうなるの?」と自分のやっていることと、出来上がりのイメージがつかなかったらしく「???」で手を動かしてせっせと円柱つくりをしていました。と言っても、どこまで大きな円柱を作れるかとか、こうやってつくったらどうか?などなど子どもたちは楽しむ天才!
そして、絵の具で着色し、紙をスリスリ~。紙を取ると、「わ~!!」と歓声が上がりました。 今日も素敵な作品の出来上がりです★

  •  
  •  
  •  

2021年4月2週 アトリエ活動

4月のテーマは「球」です。「クラフトバンドの球体つくり」をしました。
白いクラフトバンドの内側に着彩し、着彩した方が内側にくるように輪にしてとめていきます。輪にしたクラフトバンドが球体になるように組み合わせていきとめていきます。 着彩した方が内側にくるようにとめることによって、「線」と「球」を意識することができます。内側を色にすることによってより効果的に白い線が見えます。今回は「球」の中に内在している「線」を感じ取っていく造形活動です。作るだけでなく、できあがった「球」にテグスをつけ吊るしたり、コマのように回したり遊びながら球体を感じていきました。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

2021年4月1週 アトリエ活動

いよいよ新年度4月のスタートです。
4月のテーマは「球」で「満開の桜」を作りました。
昨年は新型コロナ感染症のため4月は休室となり寂しい春でしたが、今年はアトリエに満開の桜が咲いてとても嬉しい春を迎えられました。
ママボールを使いスタンプ。そして桜の花びらに見たてた紙吹雪。みんな「花咲か爺さん」に変身。 桜も、子どもたちの笑顔を大きく咲きました。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

2021年3月2週 アトリエ活動

年度最後の締めくくりテーマは「複合:積木」でした。
積木の時は「〇〇をつくろう!」とあらかじめテーマを決めておいて作ることが多いのですが、今回は年度最後ということもあり各クラスで最初に「遊びと創造共育」4巻・5巻を見て、話し合いで作るものを決めてからスタートでした。
「警察車両」「円筒ドーム」「お家」「街」それぞれ、クラスで違うものになりました。 そして、自分たちで作った積木でキャーキャーわーわー言いながら遊ぶ子どもたちはとっても楽しそう♪
 
今年度はスタートから新型コロナ感染症のため、いつもと違うアトリエで、活動日も少なかったのですが、いつでも、どんなときでも、子どもたちの創造力は本当に素晴らしい! 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

2021年3月1週 アトリエ活動

3月のテーマは「複合」で、今回の活動は「ベニヤ板と木端のオブジェ」でした。 様々な形のベニヤ板と木端を組み合わせて、オブジェを作りました。 男の子たちは恐竜オブジェが多かったですね。 トリケラトプスにプテラノドン・・・いろいろな恐竜がアトリエに出没しました。みんなそれぞれ特徴を捉えて工夫していました。三角形の木端の斜めの面を利用して翼竜を作る子。学年が上がるにつれてベニヤ板と木端を複雑に組み合わせていきますね。同じ作品でも違う角度から見ると、まるで別の作品のようで今回もそれぞれの面白い作品ができました。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

2月2週の活動 「面線点:クギと糸の構成」

2月のテーマは「面線点」で、今回の活動は「石膏と糸の構成」でした。
今回も、前回同様、トンカチを使いました! 前回の穴あけポンチ&トンカチの活動中、トンカチで自分の指を打って痛い思いをした子も、今回はコツをつかんだようで頑張りました★  クギに糸を巻きつけていく指先を使った細かな活動に四苦八苦した子もいましたが、簡単にできてしまう活動よりも真剣に集中して活動するような気がします。今回も素敵な作品がたくさんできました。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

2月のアトリエ活動

2月のテーマは「面線点」で「エアパッキンと穴あけポンチの活動」でした。
最初に沢山の小穴ビーズで遊び、大盛り上がり★ 「点」であるビーズを坂の上から流します。波板に沿って流れると「線」になります。坂の下でビーズを堰き止めると「面」になります。堰き止めたビーズの海で泳ぐ子どもたち。ホント楽しそうです♪ 名残惜しそうにビーズを片付けたら作品作りです。穴あけポンチとトンカチを使って、「むずかし~」と言いながらも楽しそう。ちょっと余裕が出てきて、よそ見をして手にトンカチが・・・・(涙) それでも、最後まで頑張りました!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

1月のアトリエ活動

さて、1月2回目の活動は「スチレンぺーパーの正四面体づくり」
正三角形4枚を使って作っていきます。
作っていくときに、子どもたちから「ピラミッドみたい! あれ、でもピラミッドの下が四角かも? ちょっと違うかな??」 「テントみたい?」などなど沢山の言葉が出てきました。
スチロールカッターを使いスチレンペーパーをカットするのに四苦八苦。着彩した後に、正四面体になるように正三角形を置いてみるのに四苦八苦。それでも、子どもたちは自分の手を動かし、どうしたら正三角形4枚で正四面体ができるのか考えていました。 四苦八苦しながらも自分でやってみる。自分で「できた!」という喜びでいっぱいになるように見守っていきたいと思いました。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

2021年1月のアトリエ活動

今年最初の活動は「木端と墨汁のスタンプ」
木端の山の中から、自分の好きな木端を見つけ、その木端を使用して帯状の用紙1枚1枚にスタンプしていきます。スタンプした帯状の用紙全部で9枚を構成して大きな1枚にしていきました。 木端の板目でスタンプするのか、小口でスタンプするのかによって、素材の断面の表情を体感していきました。どこでスタンプしようか?と子どもたちはよくよく観察していましたよ! そして、同じ断面でも、どんな風にスタンプするのか?墨汁の量によっても表情は違ってきます。「スタンプの仕方によって、今日の活動の意図が違うんだよね~」と小学校高学年の子どもの発言! すごい! そんなこと考えながらやっていたのね!
なぜか、小学校低学年クラスでは、ちょうど学校での書初めの時期と重なり、「この匂いは書初めだ!」と書初め大会になっていました。ちょっと、活動の意図と違うかも!? と思いながらも、器用に木端の端を使い作品を作っていましたので、まあ、良しとしまようか・・・

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

12月のアトリエ活動

今年最後の活動は「時計つくり♪」
作る前から、どこに飾ろうかな~と楽しみにしている様子の子どもたち。どんな作品が出来上がるのか、見ているのも楽しい。
あえて数字を書かない子どもの理由がすごい! 「数字をかかないと、気分によって、横にしたり、上下を逆にしたりして飾れるでしょ♪」 こんなこと聞くと、ホント、子どもにはかなわないな~って思います。 
毎回毎回、子どもたちが次はどんな作品を作っていくのかとても楽しみ。
子どもたちに感動ももらった1年でした。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

活動記録一覧

アトリエとは

クラス

体験参加

アクセス

和久洋三のわくわく創造アトリエ 高崎プレイルーム

〒370-0042
群馬県高崎市貝沢町471-1
サンハイツ高崎1F

▼JR高崎問屋町駅(貝沢口)より徒歩5分
▼JR高崎駅より(上越線/吾妻線/両毛線)で1駅(4分)

スケジュール

スタッフ紹介

野村千里 

「青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色光」

私の大切にしている言葉です。
この「青き色には青き光、黄なる色には黄なる光、赤き色には赤き光、白き色には白き光あり」という言葉は、私たち一人ひとりが、すでにそれぞれの色を持ち、光り輝いているということです。
高崎プレイルームでは、子どもたちのすでに持っている、それぞれの光を大切に守っていきたいと思っています。

童具販売

プライバシーポリシー

和久洋三のわくわく創造アトリエ高崎プレイルーム(以下「当プレイルーム」と称します。)は、個人情報を保護することが社会的責務であるとともに、社会の信頼を得て活動を推進するために不可欠な要件であると認識しております。当プレイルームは、会員およびお客様の個人情報の適切な管理・利用に十分配慮し、下記の方針に則って個人情報を取り扱います。

(1)法令の遵守
個人情報に適用される個人情報の保護に関する法律その他関係法令を遵守するとともに、一般に公正、妥当と認められる個人情報の取り扱いに関する慣行に準拠し、適切に取り扱います。また適宜、取り扱いの改善に努めます。

(2)個人情報保護責任者
当プレイルームは、当プレイルームのホームページに関して個人情報管理責任者を任命し、本プライバシーポリシーを遵守した運営を行います。

(3)利用目的と収集範囲
当プレイルームは、会員およびお客様からお名前・ご住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報をご提供いただく場合は、あらかじめ利用目的やお問い合わせの窓口などをお知らせし、適切な範囲内でお客様の個人情報を収集させていただきます。

(4)個人情報の漏洩、紛失、改ざん等の防止
個人情報の漏洩、紛失、改ざん等を防止するため、継続して情報セキュリティの確保・向上に努めます。

(5)教育・啓発
当プレイルームは、すべての従業員に対し、個人情報保護の重要性を理解し、お客様の個人情報を適切に取り扱うよう教育・啓発を行います。

(6)開示、訂正、削除、利用停止
保有する個人情報について、利用者本人からの開示、訂正、削除、利用停止の依頼を所定の窓口でお受けして誠意をもって対応します。

お問い合わせ先:和久洋三のわくわく創造アトリエ高崎プレイルーム
TEL:027-386-8178 (10:00~17:00/不定休)