access album information inquiry news phone privacy result schedule staff message free

 

事業概要

AED普及推進活動

●AED普及推進活動とは・・・
一般社団法人ジュニアスポーツライフネットワークではAEDの普及を推進していくに当たり、普及の現状と重要性を伝達し皆様にAEDの重要性を伝えてまいります。

●AEDの必要性
~ 心臓突然死の現状~
日本では毎日多くの人が心臓突然死で命を失っています。その数は、なんと1年間で約7万人。一日に約200人、7.5分に1人が心臓突然死で亡くなっています。
その原因の多くは「心室細動」と呼ばれる重篤な不整脈です。心室細動になると心臓は震えるのみで血液を送り出せなくなります。いわゆる心停止の状態です。数秒で意識を失い、数分で脳をはじめとした全身の細胞が死んでしまいます。心室細動からの救命には迅速な心肺蘇生と電気ショックが必要です。
グラフは心停止となってから電気ショックまでの時間と救命率を示したものです。電気ショックが1分遅れるごとに救命率は10%ずつ低下します。119番通報をしてから救急車が到着するまでの平均時間は8.6分※1。
救急隊や医師を待っていては命を救うことはできません。 突然の心停止を救うことができるのは、その場に居合わせた「あなた」しかいないのです。
※1総務省消防庁:平成28年版救急・救助の現況
「財団法人AED財団抜粋」

●救急処置の流れ
1)119通報とAED要請(Call)
→倒れるのを目撃したり、倒れている人を発見したら、反応を確認し、119番通報しAEDを要請します。

2)胸をPUSH(胸骨圧迫)
→普段通りの呼吸がない場合は心停止です。胸骨圧迫(心臓マッサージ)をただちに開始します。判断に迷ったときも、胸骨圧迫を実施しましょう。

3)AEDをPUSH(電源ボタンをPUSH,安全を確認し、ショックボタンをPUSH)
→AEDが到着したらまず電源を入れます。あとはAEDの指示に従い、安全を確認して電気ショックボタンを押します。
「財団法人AED財団抜粋」

記事一覧へ

ご入会希望の団体様へ

JSLNは子どもたちが安心して楽しくスポーツに取り組めるようにジュニアスポーツ活動・社会教育活動の現場およびその周辺における安全の確保、環境の整備、指導者の育成等の施策を普及させ日本のジュニアスポーツの発展ならびに社会教育の振興に寄与することを目的としております。

当ホームページには、福利厚生規定、会員規約等は掲載しておりません。ご入会をご検討して頂けるクラブ様に直接送付させて頂いております。そのほか、ご相談、パンフレット送付、ご入会手続き等につきましてはお気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル 0120-19-3704
JSLN事務局(平日10:00-17:00)

プライバシーポリシー

一般社団法人ジュニアスポーツライフネットワーク(以下「当団体」と称します。)は、個人情報を保護することが社会的責務であるとともに、社会の信頼を得て活動を推進するために不可欠な要件であると認識しております。当団体は、会員およびお客様の個人情報の適切な管理・利用に十分配慮し、下記の方針に則って個人情報を取り扱います。

(1)法令の遵守
個人情報に適用される個人情報の保護に関する法律その他関係法令を遵守するとともに、一般に公正、妥当と認められる個人情報の取り扱いに関する慣行に準拠し、適切に取り扱います。また適宜、取り扱いの改善に努めます。

(2)個人情報保護責任者
当団体は、当団体のホームページに関して個人情報管理責任者を任命し、本プライバシーポリシーを遵守した運営を行います。

(3)利用目的と収集範囲
当団体は、会員およびお客様からお名前・ご住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報をご提供いただく場合は、あらかじめ利用目的やお問い合わせの窓口などをお知らせし、適切な範囲内でお客様の個人情報を収集させていただきます。

(4)個人情報の漏洩、紛失、改ざん等の防止
個人情報の漏洩、紛失、改ざん等を防止するため、継続して情報セキュリティの確保・向上に努めます。

(5)教育・啓発
当団体は、すべての従業員に対し、個人情報保護の重要性を理解し、お客様の個人情報を適切に取り扱うよう教育・啓発を行います。

(6)開示、訂正、削除、利用停止
保有する個人情報について、利用者本人からの開示、訂正、削除、利用停止の依頼を所定の窓口でお受けして誠意をもって対応します。

お問い合わせ先:一般社団法人ジュニアスポーツライフネットワーク事務局
TEL:0120-19-3704 (10:00~17:00/土日・祝休)